Windows Vista嫌いのユーザーがWindows 7を好きになる10の理由

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-03-10 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows Vistaに不満を抱いているユーザーに朗報だ:Windows 7では、Vistaで頭痛の種となっている数々の点が改善されているだけではなく、さまざまな改良も加えられているのだ。

 私の友人や読者の中には、Windows Vistaが発売されても同OSに移行することを断固拒否する人が数多くいた。また、Vista搭載のPCを新しく購入した後すぐに、OSを「ダウングレード」する人もおり、自分の目の黒いうちはWindows XPを使い続けると宣言した人さえいたのだ。しかし、そういった宣言を行っていた人も含めて、Vista嫌いを公言していた人々の多くが、Windows 7のベータ版に感嘆の声を上げているのである。

 一部のテクノロジ評論家らは、Windows 7がVistaと大差ないと主張している(実際その通りであるが、Vistaユーザーにとっては、Vista用のドライバやアプリケーションの多くがWindows 7でも使用できるという点は魅力的に映るはずだ)。その一方、私の知人でWindows 7のベータ版を試用しているVista嫌いな人々は皆、この新OSが「Vistaを正しい方向に改善したもの」であると感じているようだ。

 以下は、Windows 7が発売された暁に、頑なにXPを使い続けているユーザーの多くがこの新OSを気持ちよく受け入れるだろうと考えられる理由である。

#1:UACが熟成されている

 VistaのUser Account Control(UAC)を使っていると、30歳を越えてなお、過保護な母親と一緒に住んでいるような気分にさせられる。デバイスマネージャの設定を確認したり、他のちょっとしたタスクを実行しようとするだけで、危険が差し迫っているかのような警告ダイアログボックスが表示されるのだ。これはまるで、あなたの様子を常にうかがい、何かしようとすると必ず「そんなことをして本当に大丈夫なの?」と尋ねる母親そっくりである。UACも母親も、あなたのことを気遣っているとはいえ、「安全」の名のもとにあなたをイライラさせるわけである。また、セキュリティに関係するとは思えない場合には特に、そのイライラもつのるというものである。(この件についての詳細は、TechNet Magazineに掲載されているMark Russinovich氏の「Inside Windows Vista User Account Control」(Windows VistaのUser Account Controlの内部動作)を参考にしてほしい)。

 Windows 7でもUACは残されているものの、ユーザー側でその振る舞いが選択できるようになっている。Windows 7では、不必要かつ冗長なUACダイアログボックスの表示を減らし、そのメッセージを判りやすいものとしたうえで、UACに対するきめ細やかな制御をユーザー側で行えるようにしているのだ。このため、UACの利点を数多く残しながらも、ユーザーのコンピュータ利用に対する事細かな介入を減らしている。これで、イライラしたあまりにUACを無効化してしまうということもなくなるだろう。

#2:Windowsエクスプローラ使用時のイライラ感がなくなっている

 Vistaでは、横スクロール操作の必要性を低減するために、Windowsエクスプローラの左側に表示されるナビゲーションペインが自動的に横スクロールするという仕様になっている。つまり、ユーザーのマウス操作によって、自動的に横スクロールが行われるのである。私の夫は、この自動スクロール機能を「モグラ叩き」と形容している。まさに、ペインの内容が左右に身をかわしているように見えるのだ。

 こういった自動スクロールは、ペインの右端をドラッグして階層構造全体が表示されるようにすることで抑止できる。しかし、私の使っているVAIOノートPCのような画面の小さいPCの場合、これは名案とは言えないのである。

 Windows 7では、ナビゲーションペインの自動スクロール機能が廃止されているため、横揺れによる船酔いの心配はなくなっている。

#3:グラフィックカードの共存が再び可能になっている

 XPではどのようなグラフィックカードを使っても、たいていの場合はマルチモニタ環境を構築することができる。私はNVIDIAとATI、Matroxという3枚のカードをインストールしたマシンを持っていた。XPでは、これらのカードに接続された3台のモニタすべてを使ってデスクトップを拡張することができていた。しかし、このマシンをVistaにアップグレードしたところ、マルチモニタ環境を構築できなくなったのである。ある調査によると、複数のグラフィックカードを使用する場合、すべて同じドライバを使用する必要があるのだという。つまり、ベンダーの異なるカードは同時に使用できないということになる。結局私は、マルチモニタ環境を復元するために、ATIカードを買い足す羽目になったのだった。

 複数の報道によると、Windows 7では、ベンダーの異なるさまざまなグラフィックカードがサポートされるようになっているという。おそらくこれは、ATIとNVIDIAのカードが1つのNVIDIA SLIで使用できるようになるという話ではないだろう。しかし、ベンダーの異なるグラフィックカードを使用したマルチモニタ環境が再び構築できるようになるということを意味しているのだと考えられる。

  • コメント(8件)
#1 inoue61   2009-03-10 15:20:24
 ようやくWindowsというOSがまともな機能を備え、きびきびした動作をするようになるようですね。Vistaといえば購入後半年で売りとばしたVAIO-Tは今でもトラウマです。OSの起動時間が短縮されて、スリープからの復帰も数秒でできるとテスター達が書いていたのでSony Styleでかなり速いと考えられる構成にして購入を決めましたが、使い始めて数日でMac Book Proをメインに戻してしまいました。わざわざカスタマイズ用の本も購入して、速度を上げようと試みました。しかし、満足のいく速度は得られませんでした。今度こそOSがまともに動いて、アプリの動作も速くなることを期待します。当時のVAIO-Tの起動時間はSSDから起動しているにも関わらず、VAIO-T購入より2年も前に購入したMac Book Proの最下位グレードの起動時間の倍近くかかっていました。スリープの解除には数十秒かかるし、会議中にスリープしてしまうと、使いたい時に使えない状態で、「なんだよこのOSは!」となり、中古のDynabook(XP)をモバイル用に、母艦をMac Book Proにしてしまいました。30万円近い新型ノートより中古のノートの方が速かった。ただMSのことなので、実際の製品の安定性を見てからでないと不安は残ります。もう人柱になることだけは避けたいですから。スリープからの復帰が最低でもMacノートシリーズ位迄まで速くなっていることに期待します。
#2 anonymous   2009-03-11 15:54:07
結局コマゴマして使いにくいじゃん

起動時間が速くなるのは大いに歓迎する事だ

しかし、タスクバーの通知・非通知設定が何だか面倒そう
アプリが少なければいいが色んなソフトを入れた場合その設定も増えるわけだ
かえってユーザーの負担を増やしてないだろうか?

まだ、ベータ版ということだが正規版でどう変わるのか
できれば改善してほしい機能だ
#3 anonymous   2009-03-12 02:44:02
ドライバの互換性が無い内は移る気になれない。
#4 anonymous   2009-03-12 12:02:50
VISTAでは動かないがXPなら動くアプリ、たとえばアドビのちょっと古いバージョンなどが動くのならOSとして買う価値はあると思います。
#5 anonymous   2009-03-12 13:25:07
最近やっとVistaを使い始めて不満たらたらだったのですが、他にもこんなに問題あったのですね。ここに載ってない項目は変わってないとしたらWindows7も期待薄かな?
#6 anonymous   2009-03-14 00:44:03
コメントしてる人たちは可能なら試してみることをお勧めします。
予想以上の出来にMSへの評価が少し変わると思いますよ。
少なくと7に関しては今までと違って発売後すぐに特攻しようと個人的には思ってます。
#7 anonymous   2009-03-20 12:59:50
値下げ前に Ultimate プリインストールで購入したのだが、オンラインゲーム等余りにも常用アプリに動かないものが多すぎるので、結局 Xp にダウングレードして現在も Xp です。もう Microsoft の新OSを お金払って買う気力がありません。無償Upgradeしてくれないなら、このままXp使い続けると思います。あほくさ。
#8 anonymous   2009-10-31 15:24:51
多くのユーザーが使いなれたクラシックスタートメニューが完全に無くなって
MS押しつけの使いにくいスタートメニューしかないとか・・・
むじろ退化してない?
Vista目線なら進化してるように見えるかも知れないけど
XP目線だと、「さらなる劣化」だと思ふ
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]