アップル、「Snow Leopard」で位置情報とマルチタッチ向け開発ツールを提供か--米報道

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2009-02-06 10:35:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが次期OSである「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」で、位置情報およびマルチタッチ向け開発ツールを提供する準備を進めているという。AppleInsiderが報じた。

 AppleInsiderによると、位置情報向けツールは、iPhone向けソフトウェア開発キット(SDK)と同様に「CoreLocation」フレームワークなどが利用可能になるという。CoreLocationは、Macのネットワーキングハードウェアと連携して機能し、GPSと同等のエクスペリエンスを提供する。

 Appleの次期OSであるSnow Leopardはまた、「MacBook」や「MacBook Pro」におけるアプリケーションのマルチタッチ機能を最大限に活用する手段として、Cocoaベースのプログラミングインターフェースを提供する予定だとAppleInsiderは言及している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ