ユーザーのLinuxへの移行を助ける10の方法

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-02-03 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済状況の厳しさから、Linuxオペレーティングシステムの利用が広まりつつある。なんと言ってもLinuxは無料であり、信頼性があり、安全であり、しかも(すでに言っただろうか?)無料なのだ。しかし、新しいオペレーティングシステムを導入する際には常に、ユーザーの習熟という問題がある。そればかりか、多くのユーザーはLinuxは使いにくいと思っている。もちろん、必ずしもそれは本当ではない。しかし、彼らの抵抗感を乗り越え、彼らがWindowsを使うようにLinuxも易々と使えるようにすることがIT担当者の仕事だ。これは、ユーザーをブートキャンプにでも送らない限りは難しいことだと思えるかもしれない。だが、Linuxを学ぶ苦労を軽減する方法はある。ここでは、そのいくつかを紹介していこう。

1: Windowsに似たデスクトップを標準にする

 わが家こそが愛する場所という言い回しがあるが、これはコンピュータのデスクトップにも当てはまる。Linuxのデスクトップには多くの選択肢があるが、その選択によって、ユーザーのLinux学習体験が良いものになることもあれば、ひどいものになってしまうこともある。ユーザーがPCに詳しくなく、Windowsしか使ったことがないのであれば、KDEかXfceを選ぶべきだ。GNOMEを修正して、見た目と動作をWindowsデスクトップそっくりにして使うという方法もあり得る。それをさらに推し進め、GNOMEかKDEのデフォルトのスタートメニューを修正し、Windowsのスタートメニューと似たものにするのもよいだろう。デスクトップの選択に気を遣うことで、ユーザーがLinuxのデスクトップの前に座っても、慣れない環境を使っているという違和感を感じずにすむだろう。

2: 移行前にユーザーをアプリケーションに慣れさせる

 ユーザーをWindowsからLinuxへ移行させる前に、アプリケーションに慣れさせるといいだろう。もっともよく利用されるアプリケーションのいくつかはクロスプラットフォームであり、慣れ親しんだ環境を使っているうちにそれらのアプリケーションの利用を始めることは可能だ。たとえば、ユーザーがWindowsを使っている間にOpenOfficeとFirefoxを使わせ始めることはできる。ユーザーは仕事の大部分をこれら2つのアプリケーションを使って行うため、Linuxに移行した際にはすでに一定水準までは慣れているだろう。また、Evolution(Linux版のOutlook)のWindowsへの移植版も存在する。ユーザーが電子メールやカレンダーの管理にOutlookを使っているのであれば、これもLinux教育への第一歩として使えるかもしれない。

3: 正しいディストリビューションを選択する

 新たなユーザーが使うディストリビューションにSlackwareを選ぶようなことはしないだろう。Slackwareは、使いやすさを目指したディストリビューションではない。しかし、新規ユーザー向けのディストリビューションは多くある。Ubuntuは使いやすさでは群を抜いている。だがその分野のディストリビューションはUbuntuだけではない。PCLinuxOS、Mepis、Linux Mint、Mandrivaなどは、みな新しいユーザー向けの素晴らしいディストリビューションだ。この問題は、当然ながら、激しい議論の対象になっている。誰もが、新しいユーザー向けに相応しいのは、自分のディストリビューションだと思いたいようだ。ここでは、新規ユーザー向けのLinuxディストリビューションは多くあるとだけ述べるにとどめておこう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]