Windows 7で改善されるVistaの6つの弱点

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-01-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#2:分かりにくいシャットダウン手続き

 Vistaが満を持して発売された2006年の後半からずっと批判の対象となってきたインタフェースが、シャットダウンボタンである。

図2-1

 プログラマーであり毒舌家でもあるJoel Spolsky氏は、一般ユーザーにとって難解なこういったWindowsの仕様こそが、Microsoftのインタフェースデザイナーの努力の賜であると述べている。

 コンピュータの前から離れる場合には、毎回9つの選択肢--そう、数えてみて欲しい--2つのアイコンと7つのメニュー項目という9つの選択肢から選択を行わなければならないのだ。・・・あなたはこういった選択肢それぞれが実際に絶対必要となる知性的かつ説得力のある理由を考えようとするはずだ。しかし、そんなことをする必要はない。私だって判っているのだ。あなたのおじさんにノートPCを終了させる15種類の方法の違いを説明しようとしてみれば、こういった余計な選択肢の持つ本当の無意味さが理解できるはずだ。

 以下は、Windows 7のシャットダウン時におけるインタフェースである。どうやらMicrosoftの誰かが彼の声を耳にしていたようだ。

図2-2

 Windows 7では分かりにくいアイコンは姿を消し、テキスト表示となっている。そしてデフォルトを変更したい場合、スタートメニューのプロパティをカスタマイズするダイアログボックスを使うことになる。

図2-3

 これでJoel Spolsky氏も安眠でき、彼のノートPCも安らかにスリープできることだろう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]