Windows 7ベータ版をインストールする

福田昌弘
2009-01-13 12:59:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年1月7日に米国で発表されたWindows 7ベータ版を入手したので早速インストールしてみた。インストール手順自体は、Windows Vistaとほぼ同じだった。

インストールのための設定手順は基本的にVistaと同じ

 Windows 7ベータ版のイメージデータを焼き付けたDVD-Rでマシンを再起動すると、起動のためのファイルが読み込まれ、Windows Vistaのときと同様の[Windowsのインストール]が表示される。

使用言語やキーボードの種類を指定する 使用言語やキーボードの種類を指定する(画像をクリックすると拡大します)

 使用言語やキーボードの種類などを指定して[次へ]ボタンをクリックすると、[今すぐインストール]ボタンが表示される。これもVistaのときと同じだ。

[今すぐインストール]ボタンをクリックする [今すぐインストール]ボタンをクリックする(画像をクリックすると拡大します)

 [今すぐインストール]ボタンをクリックすると、Windows Vistaのインストールではプロダクトキーの入力が促されたが、Windows 7ベータ版ではソフトウェアライセンス条項が表示される。

ベータ版でのライセンス条項に同意する ベータ版でのライセンス条項に同意する(画像をクリックすると拡大します)

 ソフトウェアライセンス条項に同意して[次へ]ボタンをクリックすると、Windows Vistaのインストール時と同じくインストールの種類を選択するように促される。ここでは、Windows 7ベータ版を新規にインストールするので[カスタム]を選ぶ。

新規にWindows 7ベータ版をインストールするため[カスタム]を選択する 新規にWindows 7ベータ版をインストールするため[カスタム]を選択する(画像をクリックすると拡大します)

 次に、インストール場所として未使用のディスク領域を指定する。

未使用のディスク領域を指定する 未使用のディスク領域を指定する(画像をクリックすると拡大します)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]