2009年におけるIT技術者の目標10選

文:Rick Vanover(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-01-05 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#9:ユーザーグループの活動に参加する

 他のIT技術者が、あなたの行っていること、あるいは行おうとしていることと同じことを行っている可能性は高い。あなたが抱えているのと同じ問題やニーズに関して、他の人々がどういったことを行ったのかについて偏りのない意見を聞くということほど有用なことはない。 VMware Users Group(VMUG)といった専門分野に特化したグループや、現代の市場に見合った問題について話し合うために同じ目的を持つ人々が集っているようなユーザーグループを探してみるべきである。また、こういったグループによるイベントが近くで開催されるというのであれば、実際に出かけてみるのも良いだろう。電話会議に参加したり、掲示板への投稿を読んだりするだけでは得難い体験が、実際にイベントに出かけることで得られるはずだ。さらに、供される食べ物は、実際に味わうに限るのである。

#10:必要に応じて委譲する

 ほとんどの環境において、IT部門がかかわるシステムやプロセスの数はここ数年で大幅に増加してきている。私の経験から言えば、IT部門におけるインフラチームと、その他の要員、そして業務部門の間にはそれぞれを分ける境界線が存在する。こういった境界線は必ずしも障壁になるとは限らないものの、それぞれの責任分担を明確に分けるためのものとなっているのだ。こういった状況において、(業務部門や開発チームから)責任者へと権限を委譲することが、インフラチームの要員リソースを解放するとともに、開発やアプリケーション、業務に携わる各部門がIT環境内で必要とし、かつ自らで管理できるものを管理できるようにする第一歩となるはずだ。こういったことには、Windowsサービスの停止や、システムのDNSエントリに対する権限設定(一般的にはCNAMES)、簡単なデータベースクエリ権限の設定などがある。アプリケーションの責任者に任せれば済むような低レベルのタスクに忙殺されているということは、われわれが自らの時間を有効に活用できていない証なのだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]