Ubuntu Linux 8.10(Intrepid Ibex)設定のティップス

文:J.A. Watson 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-11-11 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 電源管理:特にラップトップコンピュータを使っている場合(デスクトップの場合でも便利だが)、パネルのバッテリーあるいは電源のアイコンを右クリックして、「設定」を選んで設定すると良い。もしこのアイコンが表示されていない場合は、パネルの「システム」-「設定」-「電源管理」からでも同じウィンドウを開くことができる。
  • ネットワーク:有線のイーサネット接続を持っている場合、ローカルネットワークのDHCPが正しく設定されていれば、単にケーブルを差し込むだけで動作する。無線接続の場合は、パネル上のネットワークのアイコンをクリックし、利用できるネットワーク接続のリストを表示させる。使いたい無線接続を選択すると、キーかパスワードが必要な場合は、入力を求められる。3G Wireless Broadband接続を使う場合、つないだ際(通常はUSBかPCMCIA)にUbuntuがそれを認識するはずであり、設定の入力を求められる。
  • その他のソフトウェア:私がいつも真っ先にインストールするのはGizmo5だ。ウェブのダウンロードページに行き、そこでLinuxを選択し、Debian Install Packageを選ぶ。ダウンロードが終わったら、ダブルクリックすればインストールされる。インストールされた後は、パネルメニューの「アプリケーション」-「インターネット」の下に現れるはずだ。また、私はいつもブラウザのOperaとCitrix ICA Clientをダウンロードし、インストールしている。

 もちろんこれは手始めに過ぎない。この後、気が遠くなるほど多くのソフトウェアが収録されている、Synapticパッケージ・マネージャの中身を調べて、いくらでも時間を費やすことができる。同様に、私がここで挙げた以外にも、多くの設定の選択肢や可能性がある。その多くは、パネルメニューの下の「システム」-「設定」と「システム」-「システム管理」から見つけることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]