「Windows 7」の詳細に迫る--インストールからインターフェースの使い勝手まで

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-11-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OSの実行速度

 インストールの速度にも驚かされたが(私は45分間を予定していたが、なんと15分間で終わってしまった)、続いてWindows 7の速度にも驚かされた。VistaやXPの初期のビルドにあった、ぎこちなさやラグは全くなかった。スタートメニュー、コントロールパネルのアプレット、アプリケーションなど、すべてがきびきびしていて応答が素早い。私が使ってみた中で起動が遅かったのは、拡大鏡ツールだけで、このツールは読み込みに約20秒かかった。Windows Vistaと比較すると、Windows 7ははるかにきびきびしており、応答性がいい。これだけでも、将来に向けて期待できる。

※クリックして拡大画像をご覧ください※クリックして拡大画像をご覧ください

 また、ブート時間とシャットダウン時間も短くなっている。基本テストでは、ブート時間は10%程度短くなっており、シャットダウン時間は15%程度短くなっている。素晴らしい。

ユーザーインターフェース

 Windows 7のユーザーインターフェースを一言で説明するとすれば、「未完成」だろう。実際、今のWindows 7は、VistaにWindows 7の変更事項が加わった、奇妙な不思議の国だと言っていい。

※クリックして拡大画像をご覧ください※クリックして拡大画像をご覧ください
※クリックして拡大画像をご覧ください※クリックして拡大画像をご覧ください
※クリックして拡大画像をご覧ください※クリックして拡大画像をご覧ください
※クリックして拡大画像をご覧ください※クリックして拡大画像をご覧ください

 とはいうものの、デスクトップに対する変更、タスクバーに対する変更、Windows Explorerに対する変更、コントロールパネルに対する変更など、新しくなったことも多い。ペイント、ワードパッド、電卓などの、一部の昔からあるには、新しい装いが与えられた。ただし、私はリボンUI(Office 2007から導入された)が、これまでこれを見たことのないユーザーに受け入れられるかどうかは疑問だと思う。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]