不景気を生き抜く無料Linuxディストリビューション Part2

文:Jason Perlow (Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-11-03 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BSD

詳細情報:http://ja.wikipedia.org/wiki/BSD


 利用可能な無償のUNIXはSolarisだけではない--カリフォルニア大学バークレー校で開発されたUNIXに由来するBSDは、SolarisやAIX、HP-UX、SCO Unixへと引き継がれているAT&TのSystem Vカーネルとは異なったものであり、SolarisやLinuxほど「セクシー」ではないものの、OS自体はよくできており--あらゆるCPUアーキテクチャ上で稼働する最も安定したUNIX実装(再起動すること無しに何年もの間稼働し続けている実績がある)の1つであるとともに、最もパフォーマンスの高いOSの1つでもある。またSolarisとは異なり、オープンソースのソフトウェアパッケージが移植されていないという苦しみを味わうこともない。BSDはサーバOSとデスクトップOSの大部分において、Linuxと同等のパッケージとなっており、デバイスドライバの互換性ではSolarisを凌駕しているうえに、数多くのさまざまなアーキテクチャ上で実行可能となっている。


 BSDとは事実上、UNIXディストリビューションにおいて1つのファミリを構成するものであり、単一のUNIXディストリビューションというわけではない。最も有名なFreeBSDはインストールベースで最大のシェアを獲得しており、最大のサポートコミュニティを誇っている。人気の高いもう1つのディストリビューションであるOpenBSDでは、多くのセキュリティ拡張が追加されており、極めて包括的なセキュリティ監査プロセスの元で開発されているため、セキュリティを重視する層からも信頼されている。もう1つのディストリビューションであるNetBSDは、組み込み機器開発の分野で広範囲に用いられており、プラットフォームへの依存性が低いという点で賞賛されている。


 BSDはいずれも、包括的なソフトウェアライブラリを備えた、安定したプラットフォームとなっているため、どのディストリビューションを選択しようと、いかなる不景気がやってきてもずっと使い続けていくことができるはずだ。


 サポートは手厚くない:BSDのサポートサイクルは、年単位の極めて長いものとなっており、バグ修正とアップデートは主要なバージョンについて継続的に行われている。上述したBSDに対する数々の商業サポートは、各ベンダーのウェブサイトを通じて購入可能となっている。


 あなたの企業でコスト削減の手段として、こういったエンタープライズ向けOSのいずれかを実装する計画があるだろうか?コメント欄を使って教えて欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]