他のLinuxディストリビューションに変更する10の理由

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-10-28 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#3:使用しているディストリビューションではインストールの難しいパッケージがある

 私は最近、素晴らしいバッチ処理機能付き画像編集ソフトを見つけたため、それをUbuntuシステムとMandrivaシステムの双方にインストールすることにした。Ubuntuシステムへのインストールは簡単であった。一方、Mandrivaシステムへのインストールはというと?インストールすることができなかった。なぜか?答えは簡単だ:このアプリケーションはUbuntuのリポジトリに登録されていたものの、Mandrivaのリポジトリには登録されていなかったためである。こういった場合、このアプリケーションのMandrivaシステムへのインストールは常に困難を伴う(あるいは不可能である)ということを意味しているのだろうか?おそらくそんなことはないだろう。しかし私はその時、このアプリケーションを早急に使用する必要があったのだ(なお、今試してみたところ、該当アプリケーションは未だにMandrivaのリポジトリに登録されていない)。また、こういった状況はEnlightenmentデスクトップのインストールでも発生する。

 この素晴らしいデスクトップを簡単にインストールすることができるディストリビューションも存在している。しかし、代替デスクトップを簡単にインストールすることができないディストリビューションも(少なくとも)同じくらい存在しているのである。このため、特定のアプリケーションを必要としているものの、現在使用しているディストリビューションにはインストールできないということもあり得るのだ。こういった場合、ディストリビューションの変更は素晴らしいアイデアということになる。

#4:使用しているディストリビューションが、ソースの公開されていないドライバに依存している

 私の友人には、ソースが非公開である、あるいはプロプライエタリなソフトウェアをインストールするディストリビューションは使用したことがないし、これからも使用する気がないというLinuxユーザーが数多くいる。幸いなことに、こういったユーザーが使用できるような、100%フリーなディストリビューションは、Mandriva Freeを始めとして複数存在している。Mandriva Freeは、Mandrivaの「純粋に」フリーなソフトウェア版であると謳われている。「フリーな」エディションを使用することには良い面と悪い面がある。もちろん、フリーのソフトウェアのみを使用することで、オープンソースユーザーとしての誇りを持ってコンピュータを使用することができるようになる。しかし、「フリーな」エディションを使用する場合、ちょっとした作業を行わなければ完全に動作しない可能性もあるのだ。それでも、あなたがLinuxとオープンソースの純粋主義者であるというのであれば、ソースの公開されていないアプリケーションが含まれていないディストリビューションを使用することは魅力的であるはずだ。

#5:使用しているディストリビューションでは有償のサポートが提供されていない

 このことは、個人レベルでの使用よりも企業レベルでの使用に関係してくる話である。ともあれ、有償のサポートを提供しているLinuxディストリビューションもあれば、提供していないディストリビューションもあるということは事実である。FedoraやSUSE、Mandriva、Ubuntuに関して言えば、有償の企業向けサポートが提供されている。こういったサポートと、通常のサポート形態(フォーラムやメーリングリスト、Googleなど)を組み合わせることで、Microsoftが提供しているすべてのものに引けを取らない完全なサポートパッケージを手にすることができる。一方、有償のサポートを提供していないディストリビューションに関しては、Googleやその他のLinuxユーザー次第ということになる。このことは、多くのユーザーにとって問題とはならない。しかし、サポートが鍵となるような状況であれば、使用できるディストリビューションが限られることになるはずである。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]