LinuxでAndroidをセットアップする方法

たにぐちまこと(H2O Space.)
2008-10-27 12:01:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

curlなどの各種必要なソフト群を導入

sudo apt-get install flex bison gperf libsdl-dev libesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl

Valgrind(「メモリリークの発見を助けるソフト」と説明されている)

sudo apt-get install valgrind

 これで準備完了だ。

Gitをインストール

 Gitはバージョン管理ツール。この後でインストールするRepoと一緒に利用し、最新のソースを入手したり、チェックインなどをするためのソフトウェアだ。次のようにしてインストールしよう。

sudo apt-get install git-core gnupg

 これで、Gitの本体と「gnupg」がインストールされた。

作業用パスの作成

 続いて作業用のディレクトリを作成しよう。

cd ~
mkdir bin
export PATH=~/bin:$PATH

Repoをインストール

 次にRepoをインストールして実行権限を与える。

curl http://android.git.kernel.org/repo >~/bin/repo
chmod a+x ~/bin/repo

 Androidのコピーを生成するためのディレクトリを作成し、作業を続ける。

cd ~
mkdir mydroid
cd mydroid
repo init -u git://android.git.kernel.org/platform/manifest.git

 途中、名前とGoogleアカウントの入力を促されるため、まだ登録していない人は登録しておこう。

 最後に次のコマンド打ち込めば、Androidのファイル群がダウンロードされる。

repo sync

いよいよビルド

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2010-06-28 22:07:09
#2 anonymous   2010-07-09 21:48:58
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]