グーグルとマイクロソフト--過去10年の対比、そして今後の展望

文:Jason Hiner(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-09-29 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITリーダーにとって重要なこと

 MicrosoftはIT技術者や企業によく知られた存在である。優れたITリーダーたちは、たとえMicrosoft製品の価格や、代替製品の欠如に怒りを覚える時があったとしても、同社と何とかうまくやっていく術を学んでいる。インターネットがソフトウェアプラットフォームへと進化することで、Microsoftへの価格圧力が高まり、IT業界により多くの選択肢が提供されるようになるはずであり、そういった展開が望まれているのである。

 これに対して、Googleは検索分野で大きくリードしており、ビジネスアプリケーション分野に食い込んでいきたいと考えているが、永久にベータ版というソフトウェアの問題と、雇用した優秀な開発者をより適切に組織化するという問題を乗り越えられない限り、彼らはビジネスアプリケーション分野で中核を占めることはできないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]