フォトレポート:分解、「IBM ThinkPad 701c」--バタフライキーボード採用のノートPC

文:John Sheesley(TechRepublic) 翻訳校正:編集部
2008-09-24 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IBM ThinkPad 701cは1995年デビュー。バタフライキーボードやTrackPointなど当時の画期的な技術が採用されている。このPCを分解し、内部の構造を紹介する。

提供:John Sheesley/TechRepublic

 IBM ThinkPad 701cの左側面。左から右へ、パワージャック、ON/OFFスイッチ。ゴム製カバーの後ろに、外付けフロッピードライブ用のコネクタがわずかに見える。その横には内蔵14.4Kbpsモデム用のフォンジャックがある。また、ヘッドホンとスピーカー用のジャックもある。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]