openSUSE 11.0を試してみた

文:Adrian Kingsley-Hughes(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-07-07 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私がUbuntuについての記事を投稿すると必ず読者(少なくとも1人)から、筆者のディストリビューションに対する嗜好についてのコメントと、他のディストリビューションも試してはどうかという提案が寄せられることになる。このまま、読者の声に耳を傾けないライターだという烙印を押されるのもどうかと思う--そこで今週、私はopenSUSE 11.0を試してみることにした。

 まず、openSUSEのKDE4搭載LiveCD(64ビット版)のイメージをダウンロードし、試用してみることにした。しかし残念なことに、このLiveCDは物理PC上にも仮想PC上にもロードすることができなかった--何度やっても起動時にKWinがクラッシュし、エラーメッセージを表示した後、システムがハングアップしてしまったのだ。私は原因究明に時間を費やすのではなく、64ビット版のKDE4をあきらめ、代わりに32ビット版のGNOME搭載LiveCDを試すことにした。

記事名

 出足が悪かっただけに、openSUSEではさらにさまざまな問題が発生することを覚悟していた。しかしGNOME搭載LiveCD(32ビット版)は物理PC上と仮想PC上のいずれでもうまく稼働したため、それを使うことにした。

 今まで私は、何カ月にも渡ってUbuntuを使い続けていたため、どうしてもそれとopenSUSEを比較してしまう。まず最初に感じたことは、openSUSEのLiveCDでの実行が、私の使用したことのあるどのUbuntu LiveCDと較べても遅いということだった。Ubuntuを使用していた時の自らの記憶が間違っているのか、それともopenSUSEが本当に遅いのかを確かめるために、私はUbuntu LiveCDを使って確認してもみた。その結果、openSUSEはやはり遅いということが判ったのである。しかし、その理由は判らない。とは言うものの、LiveCDは一時的に使用するものであるため、こういったパフォーマンス問題にこだわることは止め、openSUSEを実際にインストールすればこれほど不様なことはないだろうと願うことにした。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]