Windows Vistaの使い勝手を向上させる10の小技

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-06-18 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2.タスクバーとデスクトップに手を加える

 私がずっと気に入って使っている小技の1つに、Windows XPでもWindows Vistaでもまったく同じように使えるものがあるので、ここでもう一度それを紹介しておきたい。画面の小さなUMPCを除く最近のデスクトップPCやノートPCでは、タスクバーの高さを高くして2行表示にすることで、実行中のプログラムの取り扱いが楽になるはずだ。またこうすることで、システム時計の表示を詳細なものにしたり、通知領域(システムトレイと呼ばれることもある)のアイコンをより効率的に配置できるようになるという副次的なメリットも出てくる。

Windows Vistaの使い勝手を向上させる10の小技

 タスクバーは、誤ってそのサイズを変更したり、画面の他の端へとドラッグしてしまうことを防ぐため、デフォルトでは固定されている。そこでまず、どこでもよいのでタスクバーの空いている部分を右クリックし、「タスクバーを固定する」のチェックを外す。次に、タスクバーの上の縁部分にマウスポインタを合わせ、ボタンが2行表示されるまで画面上に向かってドラッグする。この後、タスクバーを再び固定することを忘れないように。

 私が好んで行う変更には、デスクトップ上のアイコンをすべて非表示にするというものもある。これを行うには、デスクトップ上の任意の空き領域を右クリックして[表示]をクリックした後、「デスクトップアイコンの表示」のチェックを外す(Windows XPでは、この選択肢は「アイコンの整列」メニューの下の方にある)。デスクトップアイコンを非表示にした場合、そこにあったプログラムのショートカットやファイルには、どのようにしてアクセスすればよいのだろうか?これには[スタート]ボタンをクリックし、「スタート」メニューに表示されているあなたの名前をクリックした後、ユーザープロファイルフォルダから「デスクトップ」フォルダを開くことになるが、私はもっと簡単な方法を好んで使用している:「デスクトップ」ツールバーをタスクバーに追加するのである。

 まず、どこでもよいのでタスクバーの空いている部分を右クリックする。すると、ショートカットメニューの一番上に[ツールバー]オプションが表示される。そのデフォルトオプションの1つである[デスクトップ]をクリックすると、タスクバーの右側に「デスクトップ」ツールバーが表示され、そのコンテンツがポップアップメニューとして利用可能になる。フォルダ名の右横にある「>>」印をクリックするとそのコンテンツが表示される。その一覧の上の方に、ファイルシステム中のすべてのロケーションへのリンクが表示されるはずだ。

 また、カスタムフォルダをタスクバーに追加することもできる。「ツールバー」メニューで[新規ツールバー]をクリックし、ファイルシステム中の任意の場所から既存フォルダを選択する(ヒント:名前は短い方が便利である)。このフォルダに追加されたショートカットやメニューはすべて、すぐにそのフォルダのポップアップメニューから選択できるようになる。私は、大きな執筆プロジェクトを抱えている時に、こういったカスタムツールバーを使用することがある。すなわち、該当プロジェクトに関するWord文書やExcelの表、FTPサイトやSharePointサイトへのショートカットを1つのフォルダに入れておき、そのフォルダをカスタムツールバーとして追加することで、今やっている作業が何であれ、それに迅速にアクセスできるようになるのだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]