Windows Vistaの使い勝手を向上させる10の小技

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-06-18 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.インストール済みプログラムを整理し、最新の状態に保つ

 以前の記事(英文)で述べたように、Windowsシステムの動作を改善する最も良い方法の1つは、不要なプログラムを削除することである。どのようなプラットフォームであろうと、不要あるいは使っていないソフトウェアをアンインストールし、いつも使用するプログラムを最新の状態に保つということを目標とするべきだ。昨今のように、サードパーティの開発したアプリケーションも攻撃の対象となっている時代において、こういったことの重要性はさらに増している。

 こういった重要な作業を行うにはまず、「コントロールパネル」の「プログラムと機能」を開く。ここで表示される一覧のデフォルト形式は、Windows XPにおける「プログラムの追加と削除」のものと似ており、あまり有益であるとは言えない。しかしVistaでは、興味深い小技が使えるのだ。「プログラムと機能」の一覧をより有益なものとするために、私はデフォルトの表示項目に対して4つの項目を追加し、バージョン番号、およびサポートページやアップデートページへのリンクといった追加情報を表示させている。このように改訂することで、有益な情報が一目で判るようになる。なお、さまざまなかたちでグループ化を行ったり、並べ替えを行ったりすることもできる。

Windows Vistaの使い勝手を向上させる10の小技

 一覧のフォーマットを変更するには、「コントロールパネル」の「プログラムと機能」の一覧において、任意の項目を選びその見出し部分を右クリックし[その他]をクリックする。すると「詳細表示の設定」ダイアログボックスが開き、表示させたい項目をその他15項目の中から選択できるようになる。こういった追加項目の多くは情報をほとんど、あるいはまったく含んでいないものの、いくつかは非常に有益なものとなっている。私自身のシステムでは、プログラムのアップデートが自らのシステムに適用されているかどうかが一目で判るよう、「バージョン」項目を表示させている。また、プログラムのファイルが格納されているフォルダの名前を表示する「場所」項目も表示させている。

Windows Vistaの使い勝手を向上させる10の小技

 私は項目を追加した後、その順序や、画面サイズに収まるよう幅を調整してから、見出しの右横にある下向き三角をクリックして表示されるドロップダウンリストの[並べ替え]や[グループ]のメニューを使用して表示を変更している。そうするとどうなるのかって?インストールされているすべてのソフトウェアについての詳細な情報が一目で見渡せるようになるのだ。

Windows Vistaの使い勝手を向上させる10の小技

 ただし、厄介な点がいくつか残っている。「プログラムと機能」の一覧では、サポートページやアップデートページへのリンク(プログラムの公開元が提供する)を表示させることができるものの、こういったリンクはクリックすることができないうえ、「クリップボード」にコピーする方法もない。また、「プログラムと機能」の一覧からインストール済みプログラムのリスト(バージョン番号も含む)を保存する簡単な方法も用意されていない。(Windows Installerを用いてインストールされた大半のプログラムに関する情報を取り出すようなWMIスクリプトを記述することも可能であるが、そういったリストは完全なものではない。)

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]