iPodとUbuntu Linux PCのつなぎ方

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-06-11 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gtkpodを起動する

 gtkpodはメインメニューの下のMultimediaかSound & Videoのサブメニューで見つかるはずだ。これを起動すれば、iPodに接続する準備ができる。gtkpodを実行すると、まずRepositoryを設定する必要がある。これはaptのrepoとは違うものだ(開発者がなぜこの紛らわしい術語を使ったのかはよくわからないが、とにかくそうなっている)。Edit | Preferenceから、Set Mountpoint Or Edit Repository Optionsボタンをクリックする(図C)。

図C

Preferencesウィンドウ
マウントポイントを設定しないと、gtkpodはiPodにアクセスできない

 すると新しいウィンドウが開くので(図D)、接続したiPodの情報を設定する。最初にやることは、Add New Repository/iPodボタンをクリックすることだ。

図D

Repository Optionsウィンドウ
私のiPodの情報はすでに設定されている

 Add New Repository/iPodボタンをクリックすると、もう1つ小さなウィンドウが開き、いくつかの単純な情報を入力するよう求められる(図E)。

図E

Create Repositoryウィンドウ
レポシトリにはiPodと同じ名前をつける(iPodをフォーマットした際に名前をつけた場合)

 情報は正確に入力すること。マウントポイントは/media/IPODになる(スクリーンショットとは異なる)。また、ドロップダウンメニューから接続するiPodのモデルを選択する必要がある。必要な情報を入力したら、OKをクリックする。これで、Repository Optionsウィンドウから、たった今作成したiPodをドロップダウンメニューで選択できるようになる。これを選択すると、正しい情報が表示されるはずだ。確認したらOKをクリックしてPreferencesウィンドウを閉じる。

 次に、gtkpodのメインウィンドウで、Load iPodsボタンをクリックすれば、接続したiPodが読み込まれる。これは最初の読み込みになので、少し時間がかかるだろう。私は自分のiPodに3508曲入れているので、しばらく時間がかかった。読み込みが終わったら、操作可能になる。

 曲やプレイリストの追加、削除、編集を行ったら、Save Changesボタンをクリックしてその変更を保存する必要がある。すべての変更を保存したら(そして曲のインポートや削除が終わったら)、gtkpodを閉じる。

注意!iPodを取り外す前に、アンマウントする必要がある。コマンドラインに戻って次のコマンドを実行する。

umount /media/IPOD

 これが終わったら、iPodを外しても構わない。

おわりに

 ここでは、gtkpodの使い方については詳しく説明しなかった。その理由は、gtkpodの使い方は非常に簡単だからだ。しかし、iPodの接続はそれほど簡単ではない。この記事で、iPodをLinuxで使う方法を理解できたことだろう。これは、読者が思うほど難しいことではない。この記事の指示に注意深く従い、決してiPodをアンマウントする前に取り外さないことだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-10-24 10:44:57
この記事は本当に第5世代のiPodで確認されているのでしょうか?

翻訳校正:石橋啓一郎
2008/06/11 08:00

との記載がありますが、第5世代の発売は2009/09です。
誤記ならば訂正してください。

よろしくお願いします。
#2 anonymous   2009-10-24 10:50:35
#1のanonymousです。

この記事の第5世代というのは、2009/09発売のiPod nanoの第5世代ではなく

違う種類のiPodの第5世代なんですね。

はやとちりしました。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]