iPodとUbuntu Linux PCのつなぎ方

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-06-11 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インストールは終了、次は?

 最初にやるべきことは、あなたのマシンのUSBポートにiPodを接続することだ。接続すると、ターミナルが起動し、dmesgが実行される。見て分かるとおり(図B)iPodはsdcというデバイス名で認識されている。sdcという名前は、今回最初にiPodをマウントした時に使うものだ。

図B

iPodの接続
sdc、sdc1、sdc2というデバイスが見えている

 知っての通り(知っていた方がよい)sdcは特別なデバイス名で、sdc1がブートパーティションなので、われわれが使いたいパーティションはsdc2であるはずだ。このため、ここではiPodにアクセスするために/dev/sdc2をマウントする。しかし、そのためにはまずディレクトリを作成する必要がある。次のコマンドを実行する。

sudo mkdir /media/IPOD

 これで、iPodをマウントする準備ができた。次のコマンドを実行する。

sudo mount /dev/sdc2 /media/IPOD

 ls /media/IPODというコマンドを実行すると、iPodの中身が見られるはずだ。

iPodをアンマウントするには、次のコマンドを入力する。

sudo umount /media/IPOD

 次に、mount /media/IPODというコマンドで簡単にiPodをマウントできるようにするために、/etc/fstabにエントリを作成しよう。このためには、次のコマンドを実行する。

sudo nano /etc/fstab

 そして、次のような行を入力する。

/dev/sdc2       /media/IPOD     auto    defaults,user,rw        0 0

 入力したらfstabファイルを保存し、mountコマンドを実行してみよう。mount /media/IPODを実行して、iPodにアクセスできるかどうかを確認して欲しい。もしできるようなら、次に進む。

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-10-24 10:44:57
この記事は本当に第5世代のiPodで確認されているのでしょうか?

翻訳校正:石橋啓一郎
2008/06/11 08:00

との記載がありますが、第5世代の発売は2009/09です。
誤記ならば訂正してください。

よろしくお願いします。
#2 anonymous   2009-10-24 10:50:35
#1のanonymousです。

この記事の第5世代というのは、2009/09発売のiPod nanoの第5世代ではなく

違う種類のiPodの第5世代なんですね。

はやとちりしました。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]