iPodとUbuntu Linux PCのつなぎ方

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-06-11 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は単純に自分のAppleのiPodを、自分のUbuntu Linuxマシンに繋げるようにしたかった。幸運なことに、オープンソースコミュニティは、われわれエンドユーザーのためにアプリケーション開発でマルチメディア関係を優先的に扱い始めている。LinuxマシンにiPodを認識させ、接続することは、iTunesよりも少し難しい程度のことだ。

使用した環境

 われわれが使った環境は次のようなものだ。

  • PC:32ビット版Ubuntu 8.04 Hardy Heronを動かしている64ビットマシン
  • iPod:第5世代30GBビデオiPodで、Windowsフォーマットでフォーマットされたもの
  • ソフトウェア:gtkpod-aac

gtkpodの入手とインストール

 gtkpodをインストールする方法は2つある。コマンドラインを使う方法と、Synapticツールを使う方法だ。利用できるgtkpodには、AACサポートがあるものと、ないものの2つのバージョンがある。私はAACサポートがあるバージョンをインストールしたが、これは私の音楽ファイルの約40%が、今は故障してしまったiBookでインポートしたものだからだ。このため、私はいくつかの再生したいM4Aファイルを持っている。

 iPodへの書き込みを行うためには、iPodがWindowsフォーマットでフォーマットされている必要があることに注意して欲しい。AppleフォーマットのiPodは認識はできるが、書き込みは非常に難しい(そして私の場合、書き込みを行おうとして、iPodのデータを完全に失ってしまった)。このため、もし持っているiPodがAppleフォーマットの場合は、まずすべての音楽を保存し、iPodをWindowsフォーマットでフォーマットし直してから、すべての音楽を書き戻す必要がある。

 コマンドラインを怖がる人も多いことから、ここではSynapticツールを使ってインストールを行うことにする。Synapticはメニューから起動する。Synapticの起動方法はデスクトップに依存る(私はEnlightenmentを使っているので、Application | System | Add/Removeから起動する)。もちろん、(ターミナルウィンドウか、Run Commandダイアログから)sudo synapticと入力することで、このツールを起動することもできる。

 Synapticを実行したら、gtkpodを検索する。その結果が現れたら(図A)インストールしたいバージョンのgtkpodの頭にあるチェックボックスをクリックして、オンにする。

図A

Synapticツール
チェックボックスをクリックしてもよいし、インストールしたいものを右クリックして「Mark For Installation」を選択してもよい。

 パッケージにマークを付けたら、Applyボタンをクリックしてインストールを先に進める。インストールを行うには、依存するファイルをまとめてインストールする必要がある。依存するファイルの1つは、あなたのシステムからiPodにアクセスするためのライブラリであるlibgpodになるはずだ。libgpodはiPodをマウントするために必要となる。

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-10-24 10:44:57
この記事は本当に第5世代のiPodで確認されているのでしょうか?

翻訳校正:石橋啓一郎
2008/06/11 08:00

との記載がありますが、第5世代の発売は2009/09です。
誤記ならば訂正してください。

よろしくお願いします。
#2 anonymous   2009-10-24 10:50:35
#1のanonymousです。

この記事の第5世代というのは、2009/09発売のiPod nanoの第5世代ではなく

違う種類のiPodの第5世代なんですね。

はやとちりしました。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ