iPodとUbuntuの組み合わせ

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-06-09 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのiPodをUbuntu Linuxのマシンに接続することは、「iTuneとつなぐよりもよりも少し難しい」程度のものだという。

 これは、良いニュースでもあり、悪いニュースでもある。

 Ubuntuファンのために、TechRepublicではiPodを読者のLinuxマシンにつなぐ方法を説明する素晴らしい記事を用意している。

 必要なのはgtkpodと呼ばれるプログラムと、いくつかのコマンドライン命令かあるSynapticツールだけだ。Jack Wallen氏が手順の説明をしており、これは面白いハックでもある。

 問題は、私はさほど賢くないということだ。また実際、私は何かをつないだらそのまますぐに動いて欲しいと考える怠け者のタイプだ。このため、私はこんな行

sudo mount /dev/sdc2 /media/IPOD

 や、こんな行

/dev/sdc2 /media/IPOD auto defaults,user,rw 0 0.

 を見ると、逃げ出してしまう。

 また、こんなスクリーンを見た時も、消化不良を起こしてしまう。

UbuntuにiPodをつなぐ手順の画面ダンプの1つ

 私の結論は、私はまだUbuntuを使う準備ができていない、あるいはこのOSはプラグアンドプレイ(あるいは祈るという意味のプレイ)を好む大衆のための準備ができていないというものだった。しかし、技術に詳しい人たちにとっては、Wallen氏のハックはさほど難しいものではない。

 とは言っても、デスクトップLinuxの分野では多くの進歩が起こっているというのも事実だ。このハックでさえ、たった数ヶ月前には存在していなかったのだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]