Mac OS Xを普通のPCで動かす(後編)

文:Kai Schmerer(ZDNet Germany) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-05-26 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論

 ハードウェア構成が正しければ、通常のPCでMac OS X Leopardを動かしたものは、一見したところ正規のApple Macと違わない。Intel VT-xなどの特別なCPU拡張機能によって、Parallels Desktop for Macなどのソフトウェアソリューションのサポートも提供してくれる。Macに真正性の問い合わせを行うAdobe Photoshopでさえ、EFIエミュレーションのおかげで正しく動作する。以前のMac OSイメージでは不可能だったが、今では.Macアカウントで、統合的なバックアップ機能であるTime Machineを使うこともできる。グラフィックアクセレレーションも、液晶スクリーンのデジタルコントロールももはや問題ではない。ただし、オーディオの機能が一部動作しないことと、ほとんどのPCIアドオンカードのドライバが見つからないことについては我慢しなくてはならない。

 通常の条件下では、最適なハードウェア上で動く修正版のMac OSイメージは安定しているが、すべての機能がサポートされるわけではない。システムの電力消費を非常に低く抑えた状態にするスリープモードは、ごく例外的な場合にしか動作しない。これにはすべての関連するカーネル拡張が利用できる必要がある。

 ソフトウェアアップデートにも注意が必要だ。ほとんどのMac OSのアップデートは適用可能だが、オペレーティングシステムのカーネルに影響のあるものについては互換性がない場合が多い。例えば、バージョン10.5.2への自動アップデートはシステムのクラッシュを引き起こし、これを修復するのは非常に難しい。アップデートで重要なドライバが変更された場合にも、通常のPCでMac OSを起動できなくなる可能性がある。Boot Campを使ってWindowsをインストールすることもできない。また、Mac OSをデスクトップPCにインストールして設定するのは確かに難しいが、ノートブックPCでは多くの場合さらに状況は悪くなる。これは例えば、グラフィックアクセレレーターやネットワークチップを交換することができないからだ。

 修正版のMac OSのイメージを通常のPCにインストールすることは、技術的な問題にぶつかる可能性が高いことから、ほとんどのユーザーにとっては生産的な経験とは言えないだろう。しかし、熱狂的なファンやUNIXに詳しい専門家にとっては、価値のある経験になるかも知れない。この記事の前編の冒頭でも述べたが、これは法的にかなり議論の余地のある行動であり、もし行うとしても、必ずまず正規のMac OS Leopardを購入するべきだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • コメント(1件)
#1 BattleHawk   2008-05-27 07:23:01
ELAを意図して違反させる記事を掲載するのは、企業のコンプライアンスとして問題はないのか?
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]