builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

読者が使ったことのないであろうOSベスト5

文:John Sheesley 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-04-04 08:05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デスクトップ用オペレーティングシステムともなると、選択の幅はかなり狭い。Windowsを動かすか、なんらかのUNIX的なOSを使うかだ。Linuxには1万2000もの異なるディストリビューションが存在する。また、フィンランド風味ではないUNIXがが好みなら、FreeBSDを使うのもいいだろう。ベンダに頼って、AIXかHP-UXを使ってもいい。SunはSolarisを持っており、忘れたくても忘れられないSCOもある。そしてもちろん、Mac OS Xがある。こう聞くと非常に多様なOSがあるようだが、結局これはWindows対UNIXの構図だ。他にも選択肢がある。いや、少なくとも以前はあった。ここでは、おそらく読者が使ったことのないオペレーティングシステムのベスト5を挙げる。

OS/2

 Microsoftの対抗馬となり得るOSを挙げるとすれば、OS/2を挙げないわけにはいかない。MicrosoftがWindows 2000 Professionalを出荷する以前であれば、私はデスクトップのOSにおそらくOS/2 4.0を選ぶだろう。ここではOS/2 2.0以降を参照することとし、IBMとMicrosoftが共同で開発していた不運なOS/2 1.xシリーズは除くものとする。

 IBMはOS/2を「DOSよりもよいDOS」そして「WindowsよりもよいWindows」であると宣伝していた。OS/2を使ったことのある人は、IBMが大部分においてこれに成功していたことを知っている。技術的な観点から言えば、OS/2はDOSやWindows 3.xよりも、そしてWindows 9xよりも確かなものだった。

 OS/2には、今日のOSでは標準装備と考えられるようになっている、多くのイノベーションがあった。OS/2は最初の主要な32ビット用オペレーティングシステムだった。また、OS/2は完全にマルチスレッド化されていた。このOSのHPFSファイルシステムは、フラグテメンテーションに強く、最初から長いファイル名をサポートしていた。OS/2はウェブブラウザを統合した最初の主要なOSだった。また、音声制御を提供した最初のOSでもある。

 OS/2が失敗に終わった理由は多くある。Windows 95が登場し、OS/2の方が安定していたにもかかわらず、Win32 APIを使ったプログラムを実行できなかったことが運の尽きだった。Windows 95はDOSやWindows 3.1のプログラムを非常にうまく実行できたため、独立ソフトウェアベンダはOS/2専用のプログラムを作るインセンティブを持たなかった。MicrosoftのOEMに関するライセンスが、IBM自体を含むハードウェアベンダーにOS/2をバンドルする気をなくさせた。IBMがOS/2を売り込めなかったことも響いた。

 OS/2の最後のバージョンの出荷は1996年だったにも関わらず、IBMは2006年12月31日までOS/2のサポートを続けた。多くのOS/2支持者は、IBMにオープンソース開発のためにOS/2のソースコードを解放させようとしたが、IBMは拒否した。おそらくこれは、IBMが独占権を持つMicrosoftのコードがOS/2の中に一部存在するためだと考えられる。ただし同時に、IBMはOS/2のライセンスをSerenity Systemsに与え、同社はeComStationと呼ばれる製品の中でOS/2のサポート、アップグレード、拡張を続けている。以下に、私のテスト環境でのeCSのスクリーンショットを示す。

画像の説明

 最後にOS/2のトリビアを1つ。MicrosoftはOS/2 1.xをIBMと共同開発した。IBMとMicrosoftは80年代の終わりに「離婚」し、MicrosoftはIBM/Microsoftの製品計画表ではOS/2 3.0になるはずだったものの自社のコードを持ち帰り、Windows NT 3.1を作り、それが今のWindows VistaおよびWindows Server 2008の糧になっている。

 すべてのOS/2ユーザーのお気に入りの引用文は、もちろん次のBill Gates氏の言葉だ。「われわれは、OS/2が90年代のプラットフォームだと信じている」

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]