フォトレポート:絵でみる「Ubuntu 8.04」ベータ

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-03-26 15:02:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ubuntu 8.04 (開発コード:Hardy Heron)のベータ版が公開された。Ubuntu 8.04では何が新しくなり、何が変わったのだろうか。

 非Linuxユーザーにとって、Ubuntu 8.04のもっとも大きな変化は、今インストールされているWindowsを変更しなくても、Ubuntuを簡単に試せるようになった部分だろう。Ubuntuの開発チームが、WindowsユーザーにUbuntuを使ってもらうために行った一番大きな変更は、Wubiの追加だ。Wubiを使うと、ユーザーはWindowsから、まるで元々Windowsのアプリケーションであるかのように、Ubuntuのインストールやその後のアンインストールを行うことができる。Ubuntuを試してみるのに、パーティションも、ブートローダーへの変更も必要なくなった。

フォトレポート:絵でみる「Ubuntu 8.04」ベータ 文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]