ラウンドアップ:「Vista SP1」ベンチマークテスト

文:Adrian Kingsley-Hughes(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-03-19 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

では、最終的な結論は?

 では、こういったベンチマークテストからどういった結論を導き出せるのだろうか?以下は、私の意見をできる限り整理し、いくつかの要点にまとめたものだ。

  • ファイルのコピーや圧縮、展開、ネットワーク転送という作業では、Vista SP1がVista RTMに優っていることは間違いない。
  • 一般的な作業を用いたテストでも、ベンチマークソフトウェアを用いたテストでも、私が行ったテストの結果から判断すると、Vista SP1よりもXP SP2の方が未だに優勢を保っているようだ。
  • ベンチマークソフトウェアを用いたテストにおいて、Vista SP1はVista RTMに比べると一貫して若干のパフォーマンス低下を見せている。
  • 負荷をかけた場合に、Vista SP1は優れたパフォーマンスを見せ、Vista RTMおよびXP SP2よりも応答性が高くなるようだ。
  • ゲームおよびOffice 2007を用いたベンチマークテストでは、XP SP2、Vista RTM、Vista SP1の間に発生した差異は無視できるレベルにあると考えられる。

 では、あなたはどうするべきなのだろうか?

  • あなたがVista RTMをすでに利用しているのであれば、SP1のリリース時にそれをインストールすべきでないという理由は見あたらない。ベンチマークソフトウェアを用いたテストの結果を見ると、若干のパフォーマンス低下が発生する可能性は残されているが、負荷をかけた場合の全体的なシステムの応答性は向上している。
  • あなたがXP SP2を利用している場合、明確な答えは存在しない。Vistaへのアップグレードを検討しているのであれば、1年前にVistaを導入した人々に比べると、格段に改善され、高速化され、堅牢になったVistaを手に入れることができるだろう。実際、Vistaによるパフォーマンス低下を感じることはほとんどないだろう。このため、Vistaで提供される機能が必要なのであれば、今こそアップグレードする時である(特に、MicrosoftがVistaへのアップグレード価格を下げた(英文記事)こともあるため)。しかし、Aeroや、セキュリティの強化、DirectX 10があなたにとって重要でないのであれば、XPをあと1〜2年使い続けてはいけないという理由は存在しない--Vistaはまだ、主流のOSにはなっていないからだ。
  • この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]