「32ビット版Vista」対「64ビット版Vista」ベンチマーク比較

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-03-13 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私が2月12日の週に行ったベンチマークマラソンは、多くの質問とさらなるベンチマーキングの要望を生み出したようだ。定期的な読者からの要望で多かったのは、32ビット版Windows Vistaと64ビット版Windows Vistaのベンチマーク比較を見たいというものだった。

 要望にお応えして、その結果をお届けする。楽しんで欲しい。

テスト環境

 このベンチマークを行うにあたり私が想定したのは、4Gバイト以上のRAMを載せたいと考え、64ビット環境を欲しているユーザーであり、その環境を想定してベースとなるシステムを選択した。私は、このシステムの選択が適切かどうかについて、多くの反応があるだろうということを確信している。

 システムの仕様は以下の通りだ。

  • Phenom 9700 クアッドコアプロセッサ
  • 256MバイトRAMを搭載したATi Radeon 3850グラフィックスカード
  • ASUS M3A32-MVP Deluxeマザーボード
  • 2Gバイト(2 x 1GB)Corsair Dominator CM2X1024-8500C5D RAM
  • Western Digital Raptor 10000RPM 150Gバイト プライマリハードディスク
  • Western Digital Caviar 7200RPM 500Gバイト セカンダリハードディスク

 次のOSの組み合わせをテストの対象とした。

  • 32ビット版Vista RTM
  • 32ビット版Vista SP1
  • 64ビット版Vista RTM
  • 64ビット版Vista SP1

 各システムに対しては、Windows Updateで提供されているすべてのパッチを適用した。

 他に注意すべき点は以下の通りだ。

  • インストールしたドライバは、グラフィックカードのドライバのみ(Catalyst 8.2)。
  • 各テストの際には、アイドル状態のタスクの処理とハードディスクのデフラグを行った以外には、最適化は行っていない。
  • Windows Defenderはすべてのテストで有効のままにしてある。
  • MicrosoftのSP1ベンチマークのガイドラインに厳密に従った。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]