Vista SP1を適用してみて--一部に著しい性能アップ

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-03-13 10:36:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論と考察

 確かに、私はすべての分野である程度性能は上がるだろうと予想していたが、正直なところ、ここで得られた結果の一部については驚いている。例えば、私はUSB接続の外付けハードディスクへのファイルの読み書きでこれほど大きく性能が上がるとは予想していなかった。また、圧縮されたフォルダから複数のファイルを解凍するのに要する時間が、これほど向上するとも思っていなかった。

 これが何に起因するかを考えると、MicrosoftはSP1でかなりの数のVistaのボトルネックを解消したように思える。私の感想を一言で言おう。私は感動した。

 [追加情報:Mark Russinovich氏(Microsoft プラットフォーム&サービス部門テクニカルフェロー)は電子メールで、同氏のブログにこれらの劇的な性能向上の背後にある理由を説明する記事を書いていることを指摘してくれた。Mark、ありがとう!]

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]