「XP SP2」対「Vista RTM」対「Vista SP1」:ゲームベンチマーク

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-03-17 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論

 ここまで多くのデータを示して来たが、ここでわかりやすく簡潔な結論を示す努力をしたい。

  • 全体として、VistaにSP1を適用しても、ほとんどのゲームではあまり違いは生じない。
  • 10本のゲームのうち7本では、得られた平均フレームレートはXP SP2に比べるとVistaの方が低かった。
  • ただし、数字をよく調べてみると、VistaがXP SP2よりも遅い場合でも、実際のフレームレートの差は1桁以内に過ぎない。
  • 前項目の唯一の例外がDOOM 3で、このゲームではVista RTMでは19フレーム毎秒、Vista SP1では15フレーム毎秒小さくなっている。これは、今回のテストで見られた最大の差分だった。
  • Vistaの方がXP SP2よりも成績のよかった3本のゲームは、Call of Duty 4、F.E.A.R、The Elder Scrolls IV:オブリビオンだった。
  • Vistaの方がXP SP2よりも成績が良かったものの中で最大の差が出たのはThe Elder Scrolls IV:オブリビオンで、Vista RTMでは平均9フレーム毎秒、Vista SP1では13フレーム毎秒大きかった。

 では、結論はどうなるだろうか。XP SP2は依然として、ゲームについては優れている。しかし、Vistaも良くなってきている。いくつかのMicrosoftによる性能向上のアップデート、ハードウェアベンダーからのよりよいドライバ、ゲームメーカーそのものからのアップデート(このいい例がオブリビオンの改善で、VistaのRTM版が出た時点ではひどい性能だったにも関わらず、実際にXPよりもVistaの方がよいというところまで改善した)。試してみると面白いだろうと思うことは(これを行う時間はなかったのだが)、パッチを当てない裸のVista RTMで再度ベンチマークを行い、Vista SP1、XP SP2と比較することだ。私の予想では、かなりの改善が見られるだろう。それでも、Vista SP2をXP SP2と比較すると、Vistaが兄貴分を打ち負かすのはまだまだ先の話だということは確かだ。

 ただし、一部のゲームではVistaの方が性能が良いという事実は、最大のフレームレートを追求する人ならば、デュアルブート環境を構築したいと思うかも知れないということを意味している。

 いつものことだが、読者の環境では結果は異なるだろうことに注意して欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]