「XP SP2」対「Vista RTM」対「Vista SP1」:ゲームベンチマーク

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-03-17 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

計測結果

 これらのテストには計画より多くの時間がかかった。実際、以下の結果は1週間以上の作業の成果として得られたものだ。それでも、XP SP2、Vista RTM、Vista SP1のゲームの性能の現状について実践した結果が得られたことは、それだけの時間と労力の価値に見合った成果だった。

 結果は以下の通りだ。

 以下の表は、各プラットフォームにおける各ゲームの平均フレームレートを示している。また、同時にXP SP2と比較した場合の差分をパーセンテージで表したものも示している(例えば-10%という値は、XP SP2に比べてフレームレートが10%小さいということを示し、10%はXP SP2に対しフレームレートが10%大きいということを示している)。

各ゲームの平均フレームレート

 以下は、10本のゲームが3つのプラットフォームで示した平均フレームレートのグラフだ。

BIOSHOCKの平均フレームレート

Call of Duty 4の平均フレームレート

カンパニーオブヒーローズの平均フレームレート

Crisysの平均フレームレート

DOOM 3の平均フレームレート

F.E.A.R.の平均フレームレート

オブリビオンの平均フレームレート

Supreme Commanderの平均フレームレート

Unreal Tournament 3の平均フレームレート

World in Conflictの平均フレームレート

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]