「Vista RTM」対「Vista SP1」--Office 2007を用いたベンチマーク対決の結果は

文:Adrian Kingsley-Hughes(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-03-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OSのベンチマークテストをひとそろい行ってきたので次は、Vista SP1でOffice 2007がより速くなるかどうかをテストしてみた。

テスト

 テストは、私がラボでセットアップしたAMD Spiderプラットフォームで行った(CPUはAMD Phenom 9700、グラフィックカードはRadeon 3850、RAMは2Gバイトといったシステム構成だ)。ほかの数々のベンチマークテストも、このシステムをプラットフォームとして使用している(システムの詳細についてはこの記事を参照してほしい)

 今回のテストのために、Vistaの同一イメージを2つ--RTM版(出荷版)とSP1版を用意した。そしてMicrosoft Office 2007 Professionalをインストールした後、(Office 2007 SP1を含む)すべてのパッチを適用した。さらに、これらのシステムにデフラグをかけた後、数回にわたって再起動を行った。

 次に、「OfficeBench」というソフトウェアが付属している「DMS Clarity Studio」というソフトウェアをダウンロードし、インストールした。このアプリケーションには、Microsoft Officeをテストするためのさまざまなスクリプト用意されている。こういったテストスクリプトは理想的なものというわけではない(完璧なベンチマークソリューションなど存在しない)ものの、大変優れており、ユーザーがMicrosoft Officeを使って行うであろう実際の作業を数多くシミュレートすることができるようになっている。今回、このベンチマークテストを使って得ようとしている測定基準は、OfficeBenchがテストスクリプトの実行に要する時間である。

 すべてのテストは、負荷なしで5回、負荷あり(OfficeBenchによって小さなWindows Media Videoがバックグラウンドで実行される)で5回行い、テストが1回終わるたびにシステムを再起動した。また、Vista RTMとVista SP1でまったく同じテストを行った。

 今回のテスト結果はよくまとまっており、分布から外れた極端な値を示すデータがなかったため、データをいっさい破棄することなく、それら実行時間の平均値を算出している。実行時間が短いほど、スクリプトの実行が高速に行われたということになるため、良い結果ということになる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]