仮想化について知っておくべき10のこと

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-03-04 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#9:32ビットプロセッサよりも64ビットプロセッサに軍配が上がる

 サーバの仮想化を行うのであれば、64ビット対応のホストOSが導入できるかどうかを検討しよう。64ビットプロセッサはより大きなメモリアドレス空間をサポートしており、64ビット対応のWindowsは32ビット対応のものに比べて、大容量のRAM(そして場合によってはより多くのプロセッサ)をサポートしている。Windows Server 2008のHyper-Vを使用する計画がある場合、選択肢は他にない。Hyper-Vはx64版でしかサポートされていないためである。

#10:仮想化の導入計画に利用できるリソースは数多く存在している

 仮想化は非常に大きなトピックであり、本記事はあなたの選択肢について大まかに説明することのみを主眼としている。幸いなことに、仮想化のコンセプトについての理解を深めるうえで役に立ち、特定の仮想化製品についての詳細な情報を提供してくれるリソースがインターネット上に数多く存在している。手始めとして以下のリソースにあたってほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]