Windows XPが起動しない!困ったときにまず試せることはたくさんある

文:Greg Shultz 翻訳校正:吉井美有
2008-02-19 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#4:「回復コンソール」を使用する

 それでもWindows XPが起動しない場合には、より思い切ったアプローチが必要となる。Windows XPのCDは、CD自体を使ってシステムを起動できるように作られており、「回復コンソール」というツールにもアクセスできるようになっている。

 Windows XPのCDを用いてシステムを起動するには、問題を抱えているシステムのCDドライブにそのCDを挿入し、[Ctrl][Alt][Delete]を押下してコンピュータを再起動する。CDからシステムを起動すると、後は「セットアップ」の実行に必要となる基本ファイルのロードを行うプロンプトに従うだけだ。図Aに示すような「セットアップの開始」画面が表示されたら、[R]を押下し、回復コンソールを起動する。

img 図A

 その後、図Bに示すような「回復コンソール」メニューが表示される。このメニューではOSのファイルを格納しているフォルダが表示された後、ログオンしたいOSを選択するよう求められる。メニューに表示されている番号をキーボードから入力すると、管理者パスワードの入力を求められる。その後、「回復コンソール」のプロンプトが表示される。

img 図B

#5:破損したBoot.iniを修復する

 Windows XPのロード時に、NtldrというプログラムはOSファイル群の格納場所とロードを続けるうえで有効化するべきオプションを判定するためにBoot.iniを参照する。このため、Boot.iniファイルに問題がある場合、Windows XPは正しく起動しない。

 Boot.iniの破損によってWindows XPが起動できなくなっている疑いがある場合、回復コンソールの特殊なバージョンであるBootcfgというツールを使用することでBoot.iniを修復することができる。もちろん、まずWindows XPのCDを用いてシステムを起動し、上記4番で述べた手順に従って回復コンソールにアクセスする必要がある。

 Boofcfgというツールを使用するには、回復コンソールのコマンドプロンプトで以下のコマンドを入力する。

Bootcfg /parameter

 この場合、/parameterには以下のパラメータのいずれかを指定する。

  • /add--ディスク上にあるWindowsのインストールすべてがスキャンされ、任意のインストールを新たにBoot.iniへと追加することができる
  • /scan--ディスク上にあるWindowsのインストールすべてがスキャンされる
  • /list--Boot.iniファイルのエントリが一覧で表示される
  • /default--デフォルトのOSがブートメニューのメインエントリとなる
  • /rebuild--Boot.iniファイルが初めから再作成される。ユーザーは各ステップで確認を要求される
  • /redirect--ヘッドレス管理機能を使用する際、特定のポートにブート操作がリダイレクトされる。/redirectのパラメータは[ポート番号 ボーレート]あるいは[UseBiosSettings]の2種類である
  • /disableredirect--リダイレクトが無効化される

#6:破損したパーティションブートセクターを修復する

 パーティションブートセクターとは、OSのファイルシステム(NTFSやFAT32)に関する情報、およびOSのロードにおいて重要な役割を果たす、マシン語で記述された非常に短いプログラムが保持されているハードディスクパーティション上の小さな領域である。

 パーティションブートセクターの破損によってWindows XPが起動できなくなっている疑いがある場合、Fixbootという特殊な回復コンソールを用いてそれを修復することができる。これにはWindows XPのCDを用いてシステムを起動し、上記4番で述べた手順に従って回復コンソールにアクセスする必要がある。

 Fixbootを使用するには、回復コンソールのコマンドプロンプトで以下のコマンドを入力する。

Fixboot [ドライブ]:

[ドライブ]は、新たなパーティションブートセクターを書き込みたいドライブを表す文字である。

#7:破損したマスターブートレコードを修復する

 ハードディスク上の最初のセクターには、Windowsの起動手続きを開始するためのマスターブートレコードが存在している。このマスターブートレコードには、ディスクのパーティションテーブルと、「マスターブートコード」と呼ばれる短いプログラムが格納されている。マスターブートコードとは、アクティブなパーティション、すなわち起動可能なパーティションをパーティションテーブルから見つけ出すプログラムである。パーティションが見つかった後は、パーティションブートセクターが作業を引き継ぎ、Windowsのロードを開始することになる。マスターブートレコードが破損していると、パーティションブートセクターはこういった作業を行うことができないため、Windowsが起動しないことになるのだ。

 マスターブートレコードの破損によってWindows XPが起動できなくなっていることが疑われる場合には、回復コンソールのFixmbrというツールを用いてそれを修復することができる。これにはWindows XPのCDを用いてシステムを起動し、上記4番で述べた手順に従って回復コンソールにアクセスする必要がある。

 Fixmbrというツールを使用するには、回復コンソールのコマンドプロンプトで以下のコマンドを入力する。

Fixmbr [デバイス名]

 [デバイス名]は、新たにマスターブートレコードを書き込みたいドライブのデバイスパス名である。例えば、標準のブート可能なCドライブのデバイスパス形式は以下のようになる。

\Device\HardDisk0
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]