Apacheのトラブルを解決する10のヒント

文:Scott Lowe(TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-01-24 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コミュニティに支えられたプロジェクトとして、オープンソースのウェブサーバApacheは大きな実績を持っているが、時に計画したとおりに動かずに管理者を悩ませることもある。

 この記事では、よくあるApacheのジレンマを解決する10のヒントを提供する。

1:最新リリースのApacheを使う

 Apacheグループは定期的にリリースを更新し、バグを修正したり潜在的に望ましくない挙動を改善したりしている。インストールされているApacheに特定の問題があれば、最新バージョンの変更履歴を読んで、その問題が対処されていないかを見るとよい。自分の問題が明確に書かれていない場合でも、システムのセキュリティを改善する多くの修正が行われている最新バージョンを使うことはよい習慣だ。

2:Apacheコミュニティのリソースのある場所を知る

 おそらく、他にもその特定の問題にぶつかった人がいるはずだ。Apache Foundationはトラブルシューティングのためのwikiを立ち上げており、問題が起これば新しい情報を掲載している。さらに、Apacheにはかなりよい一連の公式文書がある。また、特にApacheに焦点を当てたウェブフォーラムも多くある。そのようなフォーラムの例には、www.apacheforum.comwww.webmasterworld.com/apacheがある。

 とはいうものの、Apacheコミュニティは巨大で、問題にぶつかったときに行くべきところは数多くある。私がApacheを使ってきた経験では、TechRepublicやその他のプロによるサイトも使っているが、最初に使うのはなんと言ってもGoogleだ。エラーメッセージや症状を正確に入力すれば、何か役に立つものにぶつかる可能性はかなり高い。

 それでだめなら、以下のようなその他のすばらしいリソースを見てみるといい。助けになるだろう。

  • Apacheサポートウェブリング:これは、Apacheサポートウェブリングのメインページで、Apacheに関する大量の情報を掲載しており、難しい問題を解決しようとするときに最初に見るべき場所になっている。
  • IRCチャンネル #Apache:これはApacheの専門家が集まっているIRCのチャンネルで、あなたの気が長ければ、問題の解決を助けてもらえる。このリソースを使う場合は、彼らがこれをやっているのは善意からであるということをよく理解して、感謝することだ。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ