OSのアップグレードでつまづく10の要因:いまも「お守り」は手放せない?

文:Jody Gilbert 翻訳校正:吉井美有
2008-01-22 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#8:パフォーマンスの問題

 アップグレードのインストール作業が問題なく終わったものの、システムを再起動し、新OSを使ってみると、旧OSよりも格段に遅いとわかったとしよう。何が悪いのだろうか?たいていの場合、問題は上記で述べたもの、すなわち能力不足のハードウェアや不適切なドライバ、互換性のないアプリケーションといったもののうちのひとつである。

 Vistaに対してユーザーが抱く最も多い不満として、Windows XPと比べてパフォーマンスが悪いというものがある。ハードウェアを十分にアップグレードできなかった場合でも、パフォーマンスを向上させる手はある。例えば、ReadyBoostを使用したり、ある種のサービスを無効化したり、CPUのプライオリティ設定を行ったり、Aeroを使わないようにするといったことだ。こういったことの詳細については、「Vistaのパフォーマンスを向上させるヒント集」を参考にしてほしい。

#9:権限管理とアクセスの問題

 新しいOSにアップグレードした後、一部のファイルへのアクセスが拒否される。典型的なシナリオは次のようなものだろう。Documentsというフォルダをオープンしようとしたところ「ファイルへのアクセスは拒否されました」というメッセージが返される。この場合、あなたがクリックしているものはDocumentsフォルダでも何でもなく、「ジャンクション」、つまり一種のショートカットなのかもしれない。詳しくはこのページ(英語)を読んでみてほしい。

 また、あなたのユーザーアカウント情報がWindowsの新バージョンで変更になった場合にも、同じようなことが実際のファイルやフォルダで起こることがある。あるいは、システムファイルにアクセスしようとしているのかもしれない。こういった問題は、その対象の所有権を取得することで解決できる可能性がある。そのためには管理者としてログオンする必要がある。この方法についての詳細は「Easier Way to Take Ownership and Grant Access Files or Directories in Vista」(Vistaにおいて、ファイルやディレクトリの所有権を取得し、アクセスを許可するためのより簡単な方法:英語)を参照してほしい。

 他の可能性として、ファイルまたはフォルダがWindows XP ProのEFS(Encrypted File System)で暗号化されたものであると考えることもできる。Windows VistaのHome BasicエディションもしくはHome Premiumエディションをインストールした場合、EFS機能のサポート範囲は限定される。しかし、該当ファイルを暗号化する際に使用されたEFS証明書があれば、コマンドプロンプトからそれを復号化することができる。この方法の詳細は「ファイルまたはフォルダを開くときに発生する『アクセス拒否』に関するトラブルシューティング」を参照してほしい。

#10:インターフェースの問題/学習曲線

 OSのアップグレードというプロセスには新しいインターフェースの学習がつきものだとはいえ、簡単な作業なのにその方法がわからないとか、作業を行う新しいやり方が単に気に入らないとかいう場合には、アップグレード作業でつまづいたように感じるはずだ。とは言うものの、インターフェースの見た目や振る舞いを、馴染みのあるWindowsの旧バージョンに似せて設定することで、Vistaのような新OSへの移行を容易にできるはずだ。例えば、デスクトップのテーマをクラシックにしたり、待機カーソルを砂時計に戻したり、OSの設定で昔ながらのスタートメニューを使うようにしたり、コントロールパネルを従来の見た目に戻したりといったことを行えるはずだ。Vistaの見た目をXPのようにする方法のティップスについては、CNET TVのビデオ(英語)を見てほしい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]