FreeBSD 6.3登場―性能・機能指向なら7.0を

後藤大地(オングス)
2008-01-21 19:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6.3-RELEASEではサードパーティアプリケーションとしてBIND 9.3.4、sendmail 8.14.2が含まれているほか、パッケージにX.Org 7.3、KDE 3.5.8、GNOME 2.20.1が採用されている。再実装されたunionfsがマージされているほか、リンクアグリゲイションを実現するためのlagg(4)インタフェースが追加されている。

 FreeBSD 6.3-RELEASEはセキュリティアドバイザリExtended対象となり、2010年1月までの長期対応となる。サーバを6.3-RELEASEに移行する場合は、2010年1月までに7系や8系への移行計画を立案し実行されたい。マルチコアやマルチプロセッサに対するスケーラビリティやZFSなどの最新の機能が必要な場合は、今回リリースされた6.3ではなく2008年2月にリリースが計画されている7.0-RELEASEを検討した方がいい。

 6.3が6系最終となるか6.4をリリースするかは、7系への移行状況をみて検討することになる。これまでの移行状況から判断すると、7系への移行猶予を持たせるために6.4もリリースされる可能性が高い。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]