GoogleのPicasa、Mac OS X版の開発進む

後藤大地(オングス)
2008-01-17 22:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すでにいくつかのブログで話題になっているが、PicasaのMac版の開発が進められているようだ。Googleは主にWebアプリケーションの形式でサービスを提供しているが、いくつかのアプリケーションはOSにインストールするデスクトップアプリケーションや、Webブラウザプラグインで提供している。

 Google Desktop、Google Earth、Google Toolbarは、Windows、Linux、Mac OS Xのすべてに対応している。Google TalkはWindows版のみのリリースだが、PidginやAdiumといった代替アプリケーションがあるからいいだろう。そして、SketchUpとPicasaは上記3種のOS全てに対応していない。

 SketchUpはLinux版がないし、PicasaはMac OS X版がない。しかしPicasaについてはMac OS X版の開発が進められているようだ。Picasaは松下電器産業のインターネットTVでのサポートが表明されるなど、2008年に入ってから俄然、注目度が高まっている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ