Linuxが起動しないときにまず試すこと教えます

文:Jack Wallen(TechRepublic) 翻訳校正:原井彰弘
2008-01-16 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複数のカーネルをインストールする

 これも明白であるが、レスキューを簡単にするために次にできることは、正しく動作するカーネルを常に一つインストールしておくことだ。私は普段yumによって更新されるカーネルで作業を行っている。しかし、カーネルが欠陥を持ったままリリースされたために、マシンが(場合によっては複数台)ブートできなくなることもたまにはある。そのような場合でも対処できるように、私はパーフェクトに起動するカーネルを少なくとも一つはマシンにインストールしておくようにしている。これを実現するにはいくつかの方法があるのだが、もっともよい方法は、まず/etc/yum.confファイルにplugins=1を追加し、次に(RedHatのJeremy Katz氏によって作成された)このスクリプトをダウンロードして、/usr/lib/yum-pluginsディレクトリにn-installonly.pyとして保存する方法だ。tookeep変数(デフォルトは2)を変更すれば、システム上で保持するカーネルの数を変えることができる。

 システム内に正しく動作することが分かっているカーネルがあれば、カーネルのアップグレードは安全に行える。もし新しいカーネルに問題があっても、ただ単に以前のカーネルでブートを行い、(削除や再コンパイル、アップデートで)新しいカーネルの問題を解決すればよいのである。

レスキューモード

 使用しているディストリビューションがRedHatで、かつブートローダとしてLILOを用いているのなら、セットアップ用ディスクのDisk 1を挿入してブートプロンプトでlinux rescueと入力することにより、レスキューモードでブートすることができる。マシンがブートするとbash#プロンプトが表示されるので、このモードからさまざまなツールを用いて復旧作業を行える。

 ツールの一覧を見てもらえれば分かるように、これらのツールからハードディスクの整合性のチェックや、ハードディスクの修復、カーネルモジュールのチェック、デバイスのマウント、ファイルシステムの作成などが行える。レスキューを始めるにはよい環境だろう(ただしRedHat、もしくはRedHatをベースとしたシステムである必要がある)。

 次のレスキュー方法は、runlevelを1にしてシングルユーザモードでブートを行う方法だ。この場合、ローカルのファイルシステムはマウントされるものの、ネットワークはアクティベートされない。しかし、システムのメンテナンスには便利なシェルが利用できるようになる。シングルユーザモードでブートを行うには、LILOプロンプトで以下のいずれかのコマンドを入力すればよい。

linux single
linux emergency
  • コメント(1件)
#1 net   2008-01-17 03:09:18
今時liloのネタを出してgrubのネタを出さないのはどうなんでしょう?古い記事を見つけてきてそのまま訳しただけの手抜き感満載のエントリですね。ご馳走様でした。多分自分には参考にならないと思います。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]