KDE 4.0降臨--デスクトップエクスペリエンスは4の時代へ

後藤大地(オングス)
2008-01-15 16:45:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The KDE Projectは2008年1月11日、統合デスクトップ環境の最新版となるKDE 4.0を公開した。KDEはLinuxやFreeBSDなどで人気のある統合デスクトップ環境。Qtツールキットをベースに開発された統一性のあるUIやアプリケーションに人気がある。

 しかし、ここ数年の間、KDEは3系のマイナーアップデートを続けるのみで、半年ごとに定期的なアップデートを実施しているGnomeに圧されている感があった。4.0の登場もスケジュールより遅れてはいたが、今回ついに待望の4.0がリリースされたことで、統合デスクトップ環境は新しくKDE 4の時代を迎えることになる。

KDE 4.0動作画面 - KDEサイトから抜粋 KDE 4.0動作画面 - KDEサイトから抜粋

 KDE 4.0ではUIが一新されているほか、Plasmaデスクトップシェル、新ファイルマネージャDolphin、KSysGuardシステムモニタ、ドキュメントビューアOkularの導入や、マルチメディアフレームワークの一新、KDE関連アプリケーションの大幅な改善と追加、ハードウェアアクセラレーションを活かしたウィンドウ描画などが実現されている。KDE 3系と比較してデスクトップエクスペリエンスが飛躍的にリッチなものになりそうだ。

KDE 4.0動作画面 - KDEサイトから抜粋
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]