OSS 4 API、BSDライセンスでFreeBSDらへ提供:互換性向上、普及促進ねらう

後藤大地(オングス)
2008-01-09 17:13:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4Front Technologiesは1月4日(米国時間)、OSS 4 APIのソースコードをThe BSD LicenseのもとでFreeBSDなどBSD互換OSに提供したと発表した。OSS 4はクロスプラットフォームで動作するサウンドドライバAPI。事実上、UNIX系OSにおけるサウンドドライバのデファクトスタンダートのひとつとなっている。

 OSS 4 APIの実装系は2007年6月にオープンソースのもとで公開されているが、GPLとCDDLの2ライセンスでしか提供されていなかった。今回BSD Licenseでも提供されるようになったことから、BSD互換OSでの取り込みも進むことになるのではないかとみられる。

 同社がOSS 4 APIのソースコードを公開した背景には、OSS 4の互換性向上という目的がある。OSS 4 APIの仕様は公開されているため複数の実装系が存在するが、動作に微妙な違いがあり互換性実現の障壁になっていた。ソースコードをオープンソースとして公開することで普及を促し、OSS 4互換性向上を実現する狙いがあるとみられる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ