次期Ubuntu、2008年4月リリースへ

後藤大地(オングス)
2007-12-25 17:52:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubuntu 8.04へ向けたアルファリリース「HardyHeron/Alpha2」が公開された。2つめのアルファリリースとなるもので、2008年4月に安定版のリリースが予定されている。

 公開されているバージョンはあくまでもアルファ版。安定版が必要な場合はUbuntu 7.10が用意される。最新機能や最新のアプリケーションを試してみたいアドバンストユーザはHardyHeron/Alpha2を使ってみるといい。

 次期UbuntuであるUbuntu 8.04では、ウィンドウシステムには「Xorg 7.3」が搭載され、設定ファイルを書き替えることなく自動で設定の変更が可能になる。もちろん、UbuntuのベースとなるDebian GNU/Linuxからの変更取り込みも行われる。

 Ubuntuはここ数年で特に人気が伸びているディストリビューションのひとつ。デスクトップエディションやサーバエディションが用意されているほか、デスクトップエディションはGnome/KDE/XFce4や教育向けエディションが用意されている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]