WindowsアプリをLinuxで活用できるWine 0.9.51:日本語フォントが追加

荒浪一城
2007-12-17 18:53:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Wine Projectは12月14日、Linux上でWindowsプログラムを利用できる「Wine」の新バージョン「Wine 0.9.51」をリリースした。

 WineはWindowsプログラムを動作させるためのソフトウェア。Windows用アプリケーションをUNIX上で動作させるため、1993年にWineプロジェクトが発足。様々な機能改善を重ね、現在ではx86ベースのLinux、FreeBSD、Mac OS X、Solaris上で動作するようになった。

 今回のリリースでは、WinHelpの改善、system.sdfに18ピクセルの日本語フォントを追加、rpcrt4の修正、Adovanced Linux Sound Architecture(ALSA)を利用したオーディオのキャプチャに関する問題の修正、画面解像度の改善、そのほか多数のバグフィックスが実施された。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ