Compiz Fusionで3D GUI―基本プラグイン編 その2

後藤大地(オングス)
2007-12-14 18:49:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Compizは、OpenGL技術を使って様々な画面効果をユーザに提供するウィンドウマネージャ。今回はそのプラグインを紹介する。

 plane プラグインは、仮想デスクトップを平らにつなげているように見せる機能。[Control]キーと[Alt]キーを押しながら、カーソルキーの[←]キーや[→]キーを押すことで現在使っている仮想デスクトップの左または、右に移動が可能。写真は右の仮想デスクトップに移動しているところ。

 plane プラグインは cube プラグインと同様、仮想デスクトップを扱う機能を提供しているため、この二つのプラグインを同時に読み込んでいるとCompizの効果がおかしくなる。どちらかの画面効果を使いたい場合はどちらかのプラグインを読み込まないよう設定しておいた方がよいだろう。

拡大画像はこちら

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]