Compiz Fusionで3D GUI―基本プラグイン編 その1

後藤大地(オングス)
2007-12-13 06:05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンソースの3DウィンドウマネージャCompiz Fusionが標準で提供しているプラグインを紹介する。

 decorationプラグインはウィンドウの枠を提供する機能。compizはこのdecorationプラグインなしには本質的に役にたたない。Compizでは、デコレータとしてGTK Window DecoratorとKDE Window Decoratorを提供している。GTK Window DecoratorはGNOME環境用(Metacity用)のデコレータで、KDE Window DecoratorはKDE環境用(KWin用)のデコレータ。なお、本記事執筆時ではFreeBSDのCompizにはKDE Window Decoratorはインストールされない。

 CompizではデコレータとしてEmeraldと呼ばれるテーマ集を開発し提供している。写真はdecorationプラグインでEmeraldを使っている。
拡大画像はこちら

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]