Compiz Fusionで3D GUI―基本プラグイン編 その1

後藤大地(オングス)
2007-12-13 06:05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンソースの3DウィンドウマネージャCompiz Fusionが標準で提供しているプラグインを紹介する。

 さっそくプラグインを紹介していくわけだが、その前にgconf、decoration、move、resize、placeの各プラグインを読み込んでおかなければならないことに注意されたい。gconfプラグインはCompizの設定をGNOMEのgconfレジストリに追加する機能。decorationプラグインはウィンドウを装飾する機能。move、resize、placeプラグインは、それぞれウィンドウを動かしたり、大きさを変えたり、位置を変えたりする機能。

 compizは使いたいが余計な機能がいらない、と思うユーザは、上記のプラグインだけ読み込んでおけばよいだろう。また、ビデオカードが古いと、プラグインによっては効果がもたついたり、固まってしまったりといった症状がでてしまう。動作が重くなってしまうプラグインは、さっくりきってしまうのも一つの手といえる。
拡大画像はこちら

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]