Compiz Fusionで3D GUI―基本プラグイン編 その1

後藤大地(オングス)
2007-12-13 06:05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンソースの3DウィンドウマネージャCompiz Fusionが標準で提供しているプラグインを紹介する。

 今回はCompiz Fusionが標準で提供しているプラグインを紹介する。Compizを動作させるように設定しても、プラグインを読み込まなければCompizがもっている画面効果を堪能することができない。プラグインの詳細な機能についてはCompiz Fusionのwikiを参照されたい。

 Compizの画面効果には、プラグインを読み込むことによって使うことができる機能と、キーボードやマウスのキーを使って効果をだす機能の2つのタイプがある。キーボードを使って効果をだすプラグインは、主に[Super]キー、[Alt]キー、[Control]キー、[Shift]キー、カーソルキーなどを使う。[Super]キーは[Windows]キーのことで、LinuxやFreeBSDなどのUNIX系OS上で[Windows]キーを示す時に使用される。本記事ではわかりやすくするため、[Windows]キーとする。
拡大画像はこちら

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]