FreeBSDにセキュリティアドバイザリ:乱数が推測される可能性など

後藤大地(オングス)
2007-11-30 19:37:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 29日(米国時間)、FreeBSDプロジェクトから2つのセキュリティアドバイザリ「FreeBSD-SA-07:09.random」と「FreeBSD-SA-07:10.gtar」が公開された。

 FreeBSD-SA-07:09.randomではrandom(4)やurandom(4)を経由して直前の乱数が推測できる可能性が、FreeBSD-SA-07:10.gtarではgtar(1)にあるパス扱いのバグによるファイル上書きの可能性が指摘されている。

 どちらも緊急性は高くないものの、早めのセキュリティアップデートを実施されたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]