LinuxでWindowsプログラムを利用できる「Wine 0.9.49」リリース

荒浪一城
2007-11-12 19:50:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月9日、Linux上でWindowsプログラムを利用できる「Wine 0.9.49」がリリースされた。

 WineはX、OpenGL、UNIX上におけるWindows APIのオープンソース実装。Windowsプログラムを動かすための互換性レイヤとして動作する。非マイクロソフトコードから成るWindows APIの代替実装だ。また、Wineは任意にWindowsネイティブのDLLを使用することもできる。Wineでは、WindowsソースコードをUNIXに移植するための開発ツールキットと、プログラムローダーの両方が提供される。

 今回のリリースでの主な変更点は下記のとおり。

  • Direct3Dに代わり、GLSL(OpenGL Shading Language)がデフォルト言語となった
  • メモリエラーを多数修正
  • TOPMOSTウインドウをサポート
  • inetcomm dllの実装を開始
  • 多数のバグ修正

 詳細な情報に関しては、リリースノートを参照していただきたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]