Apache HTTP Serverに脆弱性:相次いでアップデート

荒浪一城
2007-09-11 17:19:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月7日(米国時間)、The Apache Software Foundationは、「Apache HTTP Server」のセキュリティー上の問題を解決したバージョン、「Apache 2.2.6、2.0.61、1.3.39」をそれぞれリリースした。

 Apache HTTP Serverは、Webサーバーとしてデファクトスタンダードに位置するプロダクト。今回、セキュリティー上の問題となっていたものは、それぞれ下記のとおり。

  • Apache 2.2.x 系:「CVE-2007-3847: modproxy」、「CVE-2007-1863: modcache」、「CVE-2007-3304: prefork, worker, event MPMs」、「CVE-2006-5752: modstatus」、「CVE-2006-1862: modmem_cache」
  • Apache 2.0.x 系:「CVE-2007-3847: modproxy」、「CVE-2007-1863: modcache」、「CVE-2006-5752: mod_status」、「CVE-2007-3304: prefork, worker MPMs」
  • Apache 1.3.x 系:「CVE-2006-5752: mod_status」、「CVE-2007-3304: Ensure that the parent process cannot be forced to kill non-child processes by checking scoreboard PID data with parent process privately stored PID data.」

 なお、Apache 2.2.6では、Apache Portable Runtime (APR)がバージョン1.2.11、Apache 2.0.61ではバージョン0.9.16にそれぞれアップデートされている。Webサーバーの管理者は、早急にアップデートされたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ