縦組みサポートでこうなる?これからのPC用EPUBビューア

海上忍
2011-04-28 16:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 他のブラウザに先行するWebKitの「CSS3縦組み実装」は、いずれiOS向けEPUBビューアであるiBooksに反映されること確実と思われます。一方、PC向けサードパーティ製アプリケーションには、いち早くWebKitの縦組み実装を取り込むものも現れはじめました。今回は、PC向けEPUBビューアの現状と役割についてリサーチしてみました。

PC向けEPUBビューアの現状と役割

 読む場所を選ばないことが身上(のはず)の電子書籍は、専用機や汎用のタブレット端末、あるいはiPhoneのようなスマートフォンでの閲覧を前提としている節があります。電子書籍が紙の本の物理特性をも引き継ぐと考えた場合、それは暗黙の了解になりますが、両者は別物という立場であれば、閲覧するデバイスはPCやテレビでも構わないはずです。

 PC向けEPUBビューアも多数発表されていますが、フリックでページをめくるなど操作性に優れたタブレット端末/スマートフォン向けビューアと比較すると、いまひとつ地味な印象が拭えません。EPUBはデバイス非依存のフォーマットですが、消費者(実際のところ大半はアーリーアダプター)がそれら新しいインターフェースを備えたデバイスを指向するであろうことも確かでしょう。

 しかし、スマートフォンの普及率は約11%という調査報告や、日本では専用機がアーリーアダプターのものであること、汎用タブレット端末の市場もまだ未成熟であることを考慮すると、PCが有力な電子書籍プラットフォームという事実が浮かび上がってきます。

 さらに、オープンな開発はPCが先導しています。これまで何度か紹介している、CSS3の縦組み対応をいち早く実装している「WebKit」も、ターゲットプラットフォームはPCです。オープンソースプロジェクトという性格上、まずはPC向けに開発してからタブレット端末やスマートフォンに対応させていく、という順序は今後も続くとみるのが妥当でしょう。

 とはいえ、EPUB 3が勧告されていない現状、「EPUBの縦組み」を正式にサポートしたEPUBビューアは見当たりません。表1に挙げたもののうち、AIR草紙は縦組み表示できますが、CSS3の縦組み(writing-mode)を利用しているわけではなく、横のものを縦に表示しているに過ぎません。いずれ縦組み対応EPUBビューアが公開されるにしても、次ページで紹介する「Murasaki」という存在を除けば、当分先のことになるでしょう。

「横のものを縦」にすると、欧文を表示するとき困ったことになってしまう 「横のものを縦」にすると、欧文を表示するとき困ったことになってしまう ※クリックすると拡大します
主なPC向けEPUBビューア
AIR草紙Windows/Mac/Linux青空文庫やPDFのビューアとしても利用可能。Adobe AIR 2.6以降が必要
Adobe Digital EditionsWindows/Macレンタル機能など独自機能を搭載
EPUBReaderWindows/Mac/LinuxFirefox 3以降に対応したアドオン
StanzaWindows/Macネットワーク経由での共有機能を持つ
  • コメント(1件)
#1 神宮司   2011-05-04 23:30:45
むしろ、ブラウザのePub対応が先行し、それを前提にした縦書きコンテンツが出てきて、ある種のムーブメントが沸き、プロダクツとしてのePubベース商品が出てくる、という道筋を辿るのでは?
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]