番外編:話題の「biblio Leaf SP02」速攻レビュー

海上忍
2010-12-22 16:51:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KDDIが12月25日に開始する電子書籍ストア「LISMO Book Store」。その説明会会場で展示されていた専用端末「biblio Leaf SP02」についてその使用感を紹介する。

日本語フォントは「ゴシック体(新ゴR)」と「明朝体(リュウミン)」の2種類が用意される

・フォント
 10月の初披露時には、プレス向けに「新ゴR」を表示した製品写真が使われたことで、物議をかもしたことは記憶に新しいところかと思います。しかし、収録されたフォントに変更はなく、設定画面で選択できるのはやはりモリサワの「ゴシック体(新ゴR)」と「明朝体(リュウミン)」の2種類でした。とはいえ、筆者はリュウミンに長年慣れ親しんでおり、2種類のフォントはユーザーが自由に選択できることもあったので、思いのほか気にならなかった、というのが正直なところです。
 10月初披露時には禁則処理の問題(行頭に「。」がある写真がプレス資料として配布された)も話題になりましたが、こちらについては筆者が試したかぎりでは確認できませんでした。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]