「validなEPUB」を求めて

海上忍
2010-10-18 17:59:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EPUBバリデーションツールをピックアップ

 前述した事情から、EPUBを公開する際にはvalidかどうか、すなわち「バリデーション」の作業が重要となってきます。バリデーションを行ったうえで、比較的名の知れたEPUBビューアでどのように表示されるかをチェックすれば、プラットフォームインディペンデントなEPUBの特性が担保されるともいえるでしょう。

 ここでは、現在一般に公開されているEPUBバリデーションツールをピックアップし、機能の概要と特徴を整理してみます。

epubcheck

 Adobe SystemsのEPUBチームのメンバーを中心に開発された、JavaベースのEPUBバリデーションツールです。XML文書がRELAX NGのスキーマに準拠していることを検証する「Jing」をベースに開発されていることから、同じくXMLを採用したEPUBが対象なだけに、信頼性はある程度引き継がれていると考えられます。

epubcheck 実績あるJingのコードを基に開発された「epubcheck」は、代表的なEPUBバリデーションツール

 epubcheckは、OPS(Open Publication Structure)のマークアップなどバリデーションツールとしての機能を備えるepubcheck本体のほかに、EPUBとしての体裁をチェックする「ePubPreflight」というツールの2つで構成されます。どちらもCUIで実行するほか(Java 1.5以降が必要)、ウェブアプリケーションとしても利用できるよう設計されています。

 このepubcheckとePubPreflightは、IDPF委員のLisa Daly氏が代表を務めるThreepress Consultingのウェブサイトでも試すことができます。ASCIIキャラクタ以外を含むファイル名はリジェクトされますが、EPUBの内容は影響を受けないため、日本語のEPUBでもチェックすることができます。

epubcheckとePubPreflightを利用したバリデーション epubcheckとePubPreflightを利用したバリデーションは、Threepress Consultingのウェブサイトで試すことができる

FlightCrew

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]